髪を乾かさなければならない理由

桜

お洗濯をした時、衣服は必ず乾かしますよね?それは「濡れていたら次に着れない」ということもありますが、濡れたまま適当に放置してしまうとごわごわになっていたり、、。生地・素材に対して明らかにNGなのは一目瞭然。髪の毛だってちゃんと乾かしてあげなければ大変なことに・・。

乾かさなければならない理由

髪の毛を乾かさなければならない理由。それは「髪の毛が傷みやすい状態を作っている」からなのです。ドライヤーで乾かすと熱で髪の毛が痛むからと、タオルドライだけで済ませる人もいらっしゃいますが、長時間のドライヤーがNGなのであって、素早くかわしてあげるなら絶対的にその方が髪を傷めません。

キューティクルが開いてしまう

そもそも、髪の毛はキューティクルというものが保護しています。トリートメントやシャンプーのCMでも「キューティクルを守る」なんて宣伝文句がありますが、これらは髪の毛をコーティングするというよりも鱗のように何枚ものキューティクルで髪の毛を覆うような状態。キューティクルは乾いている髪の毛ですとキュッと締まっているのですが、濡れると開いてしまいます。つまり、表面で保護していたキューティクルが開いて髪の毛の中身がむき出しになっているためにすぐに傷むような状態なのですね。

寝ることで髪の毛が痛む?

一番最悪なのが、髪の毛をちゃんと乾かさずに寝てしまう事。タオルドライの際にもゴシゴシと拭くのではなく、髪の毛を挟むようにして水分を取るのが理想的なのですがその理由は髪の毛同士の摩擦・擦れることを避けるため。

枕との摩擦で痛む

では、乾ききっていない髪の毛のままで寝てるとどうなるのか?寝ている時はうつ伏せで顔の正面が布団に向いていない限り、必ず頭(髪の毛)は頭の自重と布団に挟まれています。寝返りを打てばこれが擦れてしまうのですが、髪の毛が濡れてキューティクルが開いていると・・・。想像するだけでどうなるのかおわかりですよね?つまり、ちゃんと乾かしてあげなければ、「ドライヤーを使ったら痛む」と気にする以上に髪の毛を傷めてしまっていることがあるのです。

半乾きで臭う

洗濯ものでも、室内干しで生乾きになれば臭いますよね?あれは生乾きによって雑菌が繁殖することが原因。当然、髪の毛だって半乾きなら同じように雑菌が繁殖して臭ってしまうことも・・・。朝起きたらいきなり髪の毛が臭っているなんて、絶対避けたいですよね。

ご意見投稿お待ちしています!!