ドライヤーのマイナスイオンの仕組み

ドライヤーのイオン

髪の毛は女性の命ともいえる存在。パーマやカラーなど傷みやすい髪の毛を少しでも労わるためにマイナスイオンドライヤーが非常に人気で、今やマイナスイオンが出ないドライヤーがないのではないかと思えるほどですが、マイナスイオンってそもそも何なんでしょうか。

マイナスイオンが髪に良い理由

マイナスイオンが発生するドライヤー。実際に使ってみるとくしの通りがよくなったり、髪のパサつきがなくなって潤いがあるように感じると思いますが、実は一言二言で終るような単純な構造ではないのです。例えば、マイナスイオンを発生させる際にオゾンが発生している為に髪の毛がサラサラになっているといった意見や、髪の毛そのものがプラスに帯電しやすいため、くし通りが悪くなっているところにマイナスイオンをぶつけることで中和してサラサラになったように感じる、、といった具合です。

科学的根拠は無い

マイナスイオンそのものは効果として実感・体感したという声が多いものの、科学的根拠に基づいたものではありません。ただ、実際にはマイナスイオンドライヤーを使うことで髪の毛がサラサラになったという声があり、使ってみて違いを実感できるということもあるのですね。

オススメのイオンドライヤーは?

マイナスイオンは最近どんなドライヤーにもついていますね。それこそ、数千円のものから万を超えるものまで。これら価格の違いは性能面や宣伝広告費の有無など、背景にはさまざまあるようですが、マイナスイオンも「もち」が違うとも言われています。例えば、安いドライヤーではマイナスイオン発生をシールや先端のキャップに練り込んでいるだけで、キャップを外して使ったりそもそもマイナスイオンが発生しなくなり始めると普通のドライヤーと変わりません。

しっかりした業務用ドライヤーを目利きしよう

しかし、少し高めのドライヤーはちゃんと内部にマイナスイオンを発生させるようになっているためそのようなことがないのです。つまり、本当にマイナスイオンの効果を実感して長く使いたいならそれなりのご予算でご購入されることをお勧めします。

ご意見投稿お待ちしています!!