Solis ドライヤー

Solis ドライヤー

Solis ドライヤー

このページは「正しいドライヤーのかけ方 」の情報コンテンツです。
Solis ドライヤー > 正しいドライヤーのかけ方

豆知識

正しいドライヤーのかけ方

髪の毛の覆っているキューティクルはとても繊細で傷つきやすいので、ドライヤーで乾かすときはそのことを頭に入れておく必要があります。むやみに乾かさずに、正しいやり方で髪を傷めないようにしましょう。

まずはタオルで

ドライヤーの熱風を当てる時間をできるだけ短くするために、髪の毛の水分をタオルでよく拭き取ります。濡れた髪は水分を含んで膨張し、摩擦に弱くなっていますので、タオルでゴシゴシこすってはいけません。切れ毛や枝毛になってしまいます。ゴシゴシこするのではなく、やさしく吸い取るようなつもりで髪にタオルを当ててください。

ブローローションを使う

ブローの前にローションを使うとドライヤーの熱をやわらげ、必要な水分まで失うのを避けることができます。乾燥しがちな毛先につけるようにしましょう。根元までつけるとスタイルが重くなることがありますので、根元については自分の髪の状態にあわせて、使用するようにしてください。

吹き出し口から10cm以上離す

ドライヤーの吹き出し口付近は100℃を超える高温になります。髪の毛の表面温度が100℃を超えると変質して傷み始めます。10cm離せば熱風もそれほど高温ありませんので、10cm以上離してドライヤーは使用するようにしてください。ドライヤーを当てて乾かすのは、根元からです。髪の毛は根元の方が水分が多く、毛先はに向かうにつれて水分量が少なくなります。毛先に長時間ドライヤーを当てると傷みやすいので、根元を重点的に、毛先は軽く当てるようにしましょう。

ブローは手ですくように

ブローは指で髪の毛を少しずつすくって、手早く乾かします。こうすることで、熱が指先に当たり、熱くなりすぎないと言う利点があります。ある程度乾くまでは、クシやブラシは使わないでください。濡れている髪の毛のキューティクルは簡単に傷みます。

Solis ドライヤー 激安通販
ExecutionTime: 294 msec / Memory: 7.6 MB