Solis ドライヤー

Solis ドライヤー

Solis ドライヤー

このページは「髪のトラブルの原因 」の情報コンテンツです。
Solis ドライヤー > 髪のトラブルの原因

豆知識

髪のトラブルの原因

髪の毛のトラブルに悩む女性は多いのです。髪の構造からトラブルの原因を探ってみましょう。

元気な髪には十分な栄養が必要

髪の毛は、皮膚の角質層が変化したもので、成分はケラチンと呼ばれるタンパク質が90%を占めます。一つの毛穴から生えてくる毛は3本ですが、通常1本だけが太い毛に育ちます。それぞれの髪の毛は十数万本の細いタンパク質の繊維から成っており、それを覆っているのがキューティクルです。こうした構造の髪の毛をしっかりと作るには、髪の主要成分であるタンパク質はもちろん、体内にある合成酵素とエネルギー、ビタミン、ミネラルの助けや自律神経の活動が必要なのです。このどれが欠けても、つややかな元気な髪は育ちません。

傷つきやすいキューティクル

私たちの髪の毛は、縦に走るタンパク質の細い、たくさんの繊維をキューティクルが束ねるような形をしています。キューティクルは根元から毛先に向かって、屋根の瓦のように重なり合った薄い膜で、外部の刺激から髪を保護し、タンパク質の水分の流出を防いでいます。毛先に向けて瓦を重ねたような構造なので、キューティクルは毛先から根元に向かって行うブラッシングにはとても弱く、傷みやすいのです。

また、紫外線や熱にも弱く、パーマやヘアダイで傷つくことも多いです。キューティクルが傷つくと、さまざまなトラブルが生じます。繊維を束ねていた帯が切れた形になるので、枝毛になります。また、水分が流れ出して髪の毛がパサパサになったり、逆に水分を吸収しすぎて、髪がベトつくこともあります。

ドライヤーも注意が必要

強い熱を当てて乾燥させると、髪の毛を覆って、外からの刺激を防いでいるキューティクルがはがれやすくなり、枝毛など髪の毛のトラブルの原因となります。ドライヤーの吹き出し口近くは、100℃を超えます。ドライヤーをかける際には、髪の毛から10cm以上離して、短期間で乾かすようにしましょう。傷めるなら自然乾燥の方がいいのでは、と思いますが、髪の毛は水分を含むと膨張して摩擦に弱くなります。ドライヤーで早めに乾かした方が傷めないのです。

Solis ドライヤー 激安通販
ExecutionTime: 469 msec / Memory: 7.6 MB